遺言で各相続人の取得する財産が具体的に特定されている場合や分割方法の指定が指定されている場合には、その遺言に従って遺産分割を進めます。しかしながら、全ての財産について詳細に分割が指定されていればスムーズなのですが、分割方法の指定がなかったり遺言自体がないケースであれば、誰がどの財産をどれだけ取得するか話し合い、財産を分けることになります。

大切な子どもに、もしものことがあったら大変。 それはすべての親に共通する想いです。

お金に心配することなく、教育を受けさせてあげたいと思うのも親心でしょう。それを叶えてくれるのが学資保険です。

FXとは、「Foreign eXchange」の略称です。正式には外国為替証拠金取引(外為)を意味します。米ドルやユーロなどの異なった2つの通貨を売買して差益が発生する金融取引のことで、為替レートの差額が儲けになります。

おまとめローンとは、複数の業者からの借金を、借り換えによって一本化する方法です。

借り入れ先が一つにまとまることによって、毎月の返済の管理が楽になる点や現状よりも金利が安くなり返済の負担が軽減される場合が多い点がメリットだと言われています。

全く事故を起こさない人にとって、自動車保険は毎年お金がかかるだけのものですが、万が一事故を起こしてしまった時にはあなたの安心感になります。入っていなければ、自腹で全てを支払うことになりどん底の生活を送ることになり得ます。

ネットビジネスとはインターネットを活用した事業全般のことです。ネットビジネスには、ネットオークション、ネットショップ、広告収入、アフィリエイト、投資、情報販売など様々なビジネスモデルが存在します。

せっかく家を購入することを決めたのに、充分な資金が手元にある人を除いて、通常は住宅ローン審査に通らなければ家を手に入れることはできません。

住宅ローンの審査項目として、個人の信用情報が大変重要となります。クレジット系の保証会社と銀行系会社の保証が必要になり、銀行会社の審査に合格しても保証会社の審査に通らなければ、ローンを利用することはできません。

生命共済と生命保険は、どちらとも病気やケガよる治療費や入院費、また死亡保障までを補償する商品ですが、商品を運営する母体が異なります。

県民共済(都民共済、府民共済、道民共済)は、全国37都道府県で実施されており、居住地あるいは勤務先の都道府県が提供している共済へ加入することができます。

旅行に行くと交通費と宿泊費だけで10万円以上かかることは良くあります。家族旅行ともなると、かかる金額は数倍になり大変です。

旅行にかけるお金で一番かかるのは宿泊費ではないでしょうか。宿泊費が安い宿に泊まれば旅行代を節約できますので、お財布にもやさしく、またその他のアクティビティーや食事にお金をかけることが可能になります。

株は会社の一部です。会社は資金調達のために株券を発行し、投資家が株を買うことで生まれた資金を基に事業を拡大・展開します。株券を購入して株主となることは、その会社のオーナーの一員になるということです。株主がある会社の株を多く持てば持つ程、その会社に対する株主の権利も大きくなります。

Pages

個人再生と自己破産

自己破産をすると、財産を手放すかわりに借金はゼロになりますが、個人再生では借金が無くなる事はありません。原則として3年かけて減額された借金を返済する計画を立てる必要があります。計画通りに返済すると、残りの債務が免除されます。住宅ローンを除く借金が5,000万円以下で、継続的に安定した収入がある等の要件を満たさなければ適用されません。

海外旅行保険にまつわるお金の話

海外旅行保険とは、海外旅行中に発生した病気や怪我の治療費、宿泊先の器物損壊、携行品の盗難、「航空機遅延」「手荷物遅延」などフライトに関連したトラブルなどのアクシデントに起因した損害を補償していくれる保険です。

経済面での補償だけでなく、日本語が通じない海外での日本語サポートやトラブル処理などが受けられます。保険料は、行き先や渡航日数で大きく変わります。

起業資金を調達するには?

起業するための資金調達方法には、出資、個人借入、融資、補助金・助成金等があります。

個人資産である自己資金を資本として使用することが、経営の自由度が高いと言えます。しかしながら、自己資金が不足している場合、親族や知人からも借りれない場合には、資金の調達方法を考えなければなりません。

VCとは

起業する際に一番の悩みとなるのは資金調達の事でしょう。VCから出資を受けたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

VC(ベンチャーキャピタル)とは、急成長の可能性があるベンチャー企業に資金を提供する投資会社のことです。 政府系、銀行系、証券会社系、事業会社系、独立系等があります。

Pages