You are here

今さら人に聞けない!確定申告について

所得税に関連する申告には、「年末調整」と「確定申告」があります。毎年一度、基本的に会社員であれば年末頃に年末調整、自営業の人であれば原則3月15日までに確定申告によって所得税の精算手続きを行います。

「年末調整」は、先払いで支払った所得税をその年の最終月である12月に調整します。先払いした所得税には、生命保険料や医療費などの控除は含まれていません。それらの過不足金額を年末に調整します。

「確定申告」は、1月1日から12月31日の所得金額を確定し、所得の申告と納税する手続きのことです。基本的に、所得が発生した翌年の2月16日~3月15日が申告期間となります。

会社員であっても、以下のような条件に当てはまる人は、確定申告の手続きが必要になります。給与が高額である、給与所得以外に20万円以上の副収入がある、複数会社から一定の給与を得ている、会社員ではないが一定の収入がある、年金が高額である、不動産を所有し人に貸している、遺産相続などまとまったお金を受け取った等、これ以外にも様々な条件があります。

確定申告時に必要経費を計上したり所得控除の適用を受ければ、納め過ぎていた税金が戻ってくることがあります。還付金ゲットのためにも、必ず3月15日までに確定申告を行いましょう。